SONY XBA-Z5が故障した話。

どうも随分お久しぶりです。
ここの所毎日忙しくてゆっくり更新する時間がありませんでした。

さて、忙しい日々を送っている中でも幾つか事件があったのですが、
その中でもトップのトラブルといえば普段使っている
SONYのXBA-X5が故障した事だと思います。

SONYのハイエンドモデルのイヤホンは大概リケーブルができるようになっているのですが、
その接合部の作りが甘いのかよく接触不良が発生します。
実はXBA-A2というイヤホンも持っているのですが、
こいつも左耳から音が出なくなり1回修理に出しています。

今回も以前と同様左耳から音が出なくなりました。
ケーブルとイヤホン本体の接続部をいじくってやると時々出たりするのですが、
レベルが低かったりと完全に接触不良の症状…。

SONYといえばXperiaのスマホも所有していた2機種とも何かしらの接続部で接触不良が起き、
いずれも修理に出しています。

スマホの方はまだ毎日抜き差ししている部分なので理解出来なくもないのですが、
イヤホンの接合部なんてそんなに負荷がかかることこもないと思うのですが…。
特にZ5はShure掛けタイプなので直接力がかかることこもあまりないと思うんですよね。

さすがにちょっと弱すぎるんじゃないの…?
と最近SONYに不信感を抱いている私ですが、
なんだかんだSONYの製品好きなんですよね。

というわけでこのZ5も修理に出さないといけないのですが、
運の悪いことに購入の際に保証をつけ忘れていて
修理費用がかかる上、持ち込み修理窓口までいけないという面倒くささ。
高いイヤホンですから直さないわけにもいかないのですが、
修理費用と交通費だけでそこそこ元が取れるんじゃないか説が浮上したりして
なかなか修理に踏み切れていません。

ひとまずはその辺に転がっていた
MDR-EX800STを使ってますが、
まあこいつはリスニング向けではない。
早くなんとかしないとな…。
ShureのSE846が欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です